棚からボドもち

ボードゲームの情報ブログ

迷路でアソべるボードゲーム5選

f:id:village21:20190317022449j:plain

迷路、好きですか?

小学生のころ、永遠と迷路を書き続けているクラスメイトをすごいなぁと思ってみていたのを思いだします。
じゆうちょうの1,2ページ使って迷路を書ける子いませんでしたか。
わたしはマネしようとしても、いつの間にか迷路がすべて行き止まりになるという、、。

あとは、トル○コとかシ○ンのダンジョンね。画面の表に迷路の図が出てくるのはよく考えられてますよね。

さて、今ではあまり書いたり見たりしなくなったかもしれない迷路。
ボードゲームで、アソべます!!ということで、今回は迷路特集です!

1.ラビリンス

まず、迷路ゲームといえばコレ!!
動く迷路のボードを上手く行き来して、自分の目的地を目指せ!
上下左右に道タイルをスライドさせて道を動かすことが他のゲームにはない面白さ。
うまく道順を作れると、とっても気持ち良いです!目的地が遠い、、と思ってもうまく動かせばあっという間に行けたりしちゃいます。

ラビリンス
ラビリンスJAPAN

目的カードをすべて達成した人が勝ち!年齢関係なく楽しめるゲームで、ディズニー版や日本版など、色んなバージョンが出ています。


2.カルバ

2016年ドイツゲーム大賞最終候補にノミネートされたボードゲーム 。
自分のボードに道タイルを置いていき、神殿を目指したり道中のお宝を拾っていくゲームです。
このゲームの特徴は、プレイヤーそれぞれが、道タイルを置いて、自分の迷路を作ることです。同じ道タイルを同じ順番で置いていきます。条件は同じなのに、その人のセンスでどんな迷路になるのかが全然変わってくるのが面白いです。

カルバ

道タイルを置かずに捨てることで、道を進むことができます。早く神殿にたどり着いた方が貰える得点が高くなるので、いかに効率よく道をつなげるか、それとも歩いて先に進むかの戦略も楽しめます。

カルバは他に「カルバ ジュニア」「カルバ カードゲーム」もあります。カード版もなかなか良く出来ていて良かったですよ。


3.魔法のラビリンス

簡単なルールで、誰でも手軽に楽しめるゲームです。
このゲームの特徴は迷路の壁が見えないことです。

下に壁になる木をはめこみ、ボードをかぶせて、、

魔法のラビリンス

お題で出てくるマークを目指して先に着いた人がポイントゲット。

自分が進めるコマが強力磁石になっていて、鉄ボールでボードを挟みます。木で仕切られたところを通ると、ボールがボドッ!と落ちてしまうので道を間違えたことが分かります。このギミックがめっちゃよくできてます!!

魔法のラビリンスのコマ

失敗するたびに道を覚えていって、見えない迷路が見えてくる!のがとても楽しいです。お子さんにもおススメ!
木の壁は自由に変えることができるので、毎回違う迷路を楽しむことができます。


4.アニュビスの仮面

VRとボードゲーム を融合させた世界初のボードゲーム !
プレイヤー同士で情報を集めて迷路の地図を作りあげる協力ゲームです。

未発掘のピラミッドをアニュビスの仮面を使って透視して(VRで映像を見て)中の様子を仲間に伝えます。それを聞いて他の人は地図を書いていきます。道や目印をどう上手く説明できるか、時間制限もあるのでドキドキハラハラして面白いです。
時間が終わったら、今度は次の人が透視をしてまた伝えて、、を繰り返して地図を完成させることを目指します。

アニュビスの仮面

無料アプリを使って遊ぶので、迷路も遊ぶたびにランダムで変わるのも良いですね!


余談ですが、以前たまたまテレビで「モヤさま」を見ていた時に、VRでゲームを作ってるという方々のところに行かれていて、「へぇこんなのあるのねぇ」と思っていたのです。が、それがのちの「アニュビスの仮面」だったんですね。ボードゲーム として世に出てくるとは。
「あ!あのテレビで見たやつやん!!」とちょっと感動でした。

けっこう三村さんとかにツッコマれてたのに。。何度も改良をかさねて完成されたんだろうなぁ。すごいなぁ。

みんなでワイワイしてとてもユニークなゲームだと思います。


5.通路

ストレートなタイトルがわかりやすい。ルールもシンプルでわかりやすい!
通路タイルを共有のボードに置いてみんなで迷路を作り、相手をボードから追い出しちゃうゲームです。
コマは通路が行き止まりになるまで前に進み続けてしまいます。自分は生き残れるように、コマが外に出ないように意識しないといけません。誰かとぶつかってしまったらどちらも脱落。

ぐにゃぐにゃした道が何を起こすか分からなくてハラハラします。作りがしっかりしていて、デザインも素敵。渋いデザインですが、意外にもプレイ感はパーティーゲームよりでワイワイできちゃいます。

海バージョンの「通路」もあります。こちらは大怪獣からも逃げなければいけないんです!さらにハラハラしておススメですー!

f:id:village21:20190301155049p:plain


いかがだったでしょうか。
同じ「迷路」をテーマにしてもプレイ感が全く違うのでどれも楽しめると思います。日常ではなかなか迷路をすることはないと思いますが、ボードゲームで遊んでみてほしいです。

以上!迷路でアソべるボードゲーム5選でした!